介護求人における東京の課題と改善に向けた取組み

高齢者の介護の問題は、年々、その深刻度を増していますが、特に要員不足の問題は喫緊に解決すべき問題です。しかしながら、単にサービスを提供している会社の問題として解決しようとしても限界があります。やはり、行政と会社が連携をとりながら対応をしていくことが大切です。
東京は日本の首都であり、様々な人々が暮らす街ですから、高齢者の問題も、老人ホームやグループホームといった施設の不足や訪問型サービスを展開する事業所が少ないなど、非常に多岐にわたるのが特徴です。当然、要員不足も大きな課題ですが、その求人はヘルパーや看護師といった現場の人材だけでなく、福祉車両のドライバーやケアマネージャーなど広範囲にわたります。また、これに対する求職者は若年層や他業種から転職してくる人が多いのが特徴です。

処遇改善に向けた取組みと今後の展望

東京の高齢者問題で、最初に解決しなくてはならないのが人材不足です。このことは、これまで、新聞や雑誌、テレビなど様々なメディアで報じられてきました。その中で、毎回のように長時間労働をはじめとした処遇の厳しさが紹介されてきたため、そのイメージが先行してしまっています。
しかしながら、実際には大幅な改善が成されています。長時間労働については、パートタイマーなど短時間社員を雇用する事業所が増えており、その改善に努めています。また、賃金については自治体が、事業所からの届出によって手当を加算する制度を導入しています。
これから、改善の余地はあるものの、確実に進歩しており、加速する高齢化社会に対応できるよう、事業所と自治体が連携を図りながら対応しているところです。

人材育成に向けた取組みと職場にもたらすメリット

最近の介護職を希望する求職者の傾向として特徴的なのは、他業種から転職してくる人と若年層が極めて多いことです。そのうち、前者は比較的、早期に離職する人が多いことが課題となっています。このことは、実際に外から見る職場と、実際に働く職場にギャップがあったという事ですが、入社後の人材育成が課題であることは言うまでもありません。
そこで、こういった離職者を出さないために、求人募集の際に、どういった職業であるか正確に伝えるとともに、人材育成方針やキャリアを積んだ後の職種なども紹介しています。また、入社後も研修会や勉強会を通じて、働きやすい職場づくりを行っているのです。
こうした取組みは転職者だけでなく、若年層にとってもモチベーションを維持するきっかけとなっており、社員全体のスキルアップにも貢献しているのです。

スタッフ登録のみも可能です!クラブ・オフ制度(福利厚生でカラオケ、映画、飲食、レンタカー、アミューズメントパーク割引!)。 お客様に寄り添った、サービスを提供致します。 日勤のみ、夜勤のみ、週3勤務、お好きなシフトでご相談頂けます。 お客様にあった条件での就業可能! 介護の仕事に役立つ、情報を掲載しています。 東証一部上場グループ企業なので、安心の求人がご紹介できます! 東京で介護の求人をお探しの方はこちら