東京での介護職への求人の状況と処遇

全国的に高齢者が増加し、その中には介護が必要な人も増えていることから、この仕事への求人が東京などでも増えてきている状態になっています。資格が無ければ原則として提供が出来ない仕事ではありますが、無資格者やあるいは未経験者でも、補助から始めて資格を取得し働くことが可能です。したがって、興味はあるけれどもなかなか難しいかもと思う人は、まずは未経験者や無資格者でも応募可能なところへ申し込んでみることが大切です。家族の対応をしたことがあるなどの場合には、そのことがアピールポイントになってきます。在宅でも施設でも、この仕事に関する知識が多少なりともある場合には、仕事が非常にし易いですので、採用を考える事業所から、仕事をしてもらいやすいとして採用される傾向が強まっています。

急激な高齢社会の到来と人材不足の問題

いわゆる団塊の世代が現役をリタイアし、その結果65歳以上の人が増加し続けています。この中には元気な人も当然ながらいますが、一方で人数が多いだけに介護が必要になる高齢者も数多くいるため、東京などを中心に求人数が増加しています。しかしながら、大都市圏でも人材不足が急速に進行し、人手が足りていません。その結果、賃金などの待遇や処遇の改善などによる条件の良さをアピールポイントとした採用が増えています。それでも人手不足感が強く、採用をしても追いつかない状況です。さらに問題になっていることとして、団塊の世代が大量に現役をリタイアしていますから、様々な業種で人手不足が顕著になっています。この業界だけが人手不足では無いために、他の業界とも競争状態に陥ってしまい、採用したくても応募そのものがない状態に陥ってしまいました。

処遇改善と様々な施策による対応

元々、介護職は東京を始め全国で人材不足に悩まされてきましたが、ここにきてさらに求人を出しても応募してもらえない問題になっています。そのため、採用を考える側は賃金などの処遇改善と対応力の強化で人手不足を補おうと対応に当たっています。国や地方公共団体からの交付金や助成金等の活用を始めとして、人材に対する直接的な対応も検討に入っている段階です。今後、徐々に人材不足への対応はしっかりとなされるとみられています。応募しやすい状況になれば、人と接するのが好きという人はこの業界に興味を持っている人が少なくありません。資格制度もあるのでステップアップしやすい環境も魅力的に映ります。人手不足ではありますが、処遇改善が目に見える形で映れば、人手不足が解消される事業所も出てくると考えられています。